採用の「生産性」を高めるヒント~ベンチャー企業向け~

大阪府堺市出身。2006年早稲田大学政治経済学部を卒業後、新卒採用コンサルティングのワイキューブに入社。その後、再生住宅リプライスで全国展開のための組織創りを行う。2013年㈱アークティブを創業し、ベンチャー面談の「バリ活」をスタート。特に関西学生のベンチャー志向学生に強みを持つ。

酒井が採用の「生産性」を考え始めたワケ

今回は、私(酒井)が採用の「生産性」を考え始めたきっかけをご紹介します。 まずは、人事担当者時代のお話から始まり、バリ活の話に入っていきます。 (人事担当の時代)追いつめられたら、チャンス 不動産会社R社で、私が採用の「生産性」を考え始めたの…

説明会をやめたらどうなる?

近年のベンチャー採用においては、マス媒体に載せないのがかなり一般的になってきていますが、あと数年したら説明会も同じように実施しないのが普通になってくるかもと予想しています。 説明会の課題は? 説明会形式は、「一方通行」のコミュニケーションが…

採用ブランディングはいらない

コンサルM社で採用ブランディングの話になりました。 「19では採用ブランドを上げたいと思ってまして。なにか方法ありますか?」 「ブランドっていうと、どういうイメージですか?」 「まずは、認知度ですかね…。知ってもらわないと始まらないですし。」 上…

交通費を武器として使っていますか?

もしあなたの会社が、「最終選考」の時点で地方学生に“一律”で交通費を出しているとすればそれはチャンスです。 実はそこに生産性向上のきっかけがあるかもしれません。 関西学生に交通費を出す 私が前職で採用担当をしていたのは、名古屋本社の不動産ベンチ…

内定出しのタイミングは、学生ごとに「オーダーメイド」で

「内定出しのタイミングを、学生ごとに合わせて変える。」 このアイデアは一見、非常に手間がかかりそうですが、実は生産性を飛躍的に向上させる可能性を秘めています。「急がば回れ」的な発想です。 内定後のフォローが大変 中小向けの経営コンサルティング…

「内定辞退学生」をその後、追っていますか?

追うといっても、辞退した学生をしつこく口説こうと言いたいわけではありません。 そうではなくて、「結局どの企業に承諾したのか?」という情報を確実に採っていくことが大事だと思うのです。 もしあなたの会社が、自社を辞退した学生のその後を把握してい…

ちょっとしたオペレーションに潜む大きなムダ

今日のテーマは、学生との「連絡オペレーション」について。 たかが連絡オペレーションと侮ってはいけません。人材紹介として学生と企業の間に入っていると、毎日のように学生と企業のやり取りがうまくいっていない場面と遭遇します。 よくあるこのケース、…

20人会って、そこから3人採ろう。

採用の生産性を上げるというと、やはり大量集客をやめて少人数会ってそこから採る方法に変えていくのが王道でしょう。 バリ活では、18で以下のような事例が出てきています。 面談した半数ほどが役員選考に進んでおり生産性が非常に高いやり方になっています…

なるはやで「ピックアップ学生」をつくろう。

マイナスとプラスのダブル効果 新卒採用におけるムダなもろもろを想像してみてください。 採らない可能性の高い学生に対して、時間・お金・マンパワーをたっぷりかけて自社説明をしたり、面接をしたり… 採用ではそういった状況は一銭にもならないどころか、…