採用の「生産性」を高めるヒント~ベンチャー企業向け~

大阪府堺市出身。2006年早稲田大学政治経済学部を卒業後、新卒採用コンサルティングのワイキューブに入社。その後、再生住宅リプライスで全国展開のための組織創りを行う。2013年㈱アークティブを創業し、ベンチャー面談の「バリ活」をスタート。特に関西学生のベンチャー志向学生に強みを持つ。

なるはやで「ピックアップ学生」をつくろう。

マイナスとプラスのダブル効果

新卒採用におけるムダなもろもろを想像してみてください。

 

採らない可能性の高い学生に対して、時間・お金・マンパワーをたっぷりかけて自社説明をしたり、面接をしたり…

 

採用ではそういった状況は一銭にもならないどころか、本来採りたい学生にかけられるパワーが下がり、求めるべき成果すら押し下げることになるので「マイナスのダブル効果」で生産性を下げることになってしまいます。

 

反対に、①「無駄の削減」と②「成果をさらに上げる」という2点は同時に取り組むことで、「プラスのダブル効果」を得られます。

 

f:id:barikatsu:20170628233322p:plain

最も重要なのは、①・②ともに必ず「同時」に取り組むことです。

 

では、プラスのダブル効果を生むには?

採りたい可能性の高い学生に「最大限の力を入れる」ことが成果を出すために必要なのは言うまでもありません。

 

ただし、ムダを省きながら上記を実現しようとすると、おのずと次の方針が見えてきます。

 

つまり、採用プロセスのなるだけ「早い段階」で、採りたい可能性の高い学生を“ピックアップ”するという方針です。

f:id:barikatsu:20170720200559p:plain

 

何がピックアップになるかは、各社によってもちろん異なるので、まずは入門編として分かりやすい事例をご紹介しましょう。

 

事例①

ITベンチャーR社では社長がいいと言ったら採りたい可能性が高い。そこで、最初の少人数説明会で社長座談会を実施し、その後社長に人事から毎回ヒアリングを行っています。そこでピックアップされた学生は別ルートで注力し、接触回数を増やしてフォローしていきます。

 

事例②

名古屋の不動産ベンチャーR社では、人事が面談してよければ内定を出す可能性が高いので、口説けば採れる可能性がある学生をピックアップ学生にします。東京や関西で発掘したピックアップ学生に対して、名古屋までの交通費を出して口説くための面談ツアーを実施しています。

 

分かりやすい極端な事例を2つ挙げましたが、今回覚えておいてほしいのは、採用プロセスのなるだけ「早い段階」で「ピックアップ学生」をつくる採用プロセスを“自社用”に構築することが、生産性の高い採用を実現するための要諦ということです。

 

f:id:barikatsu:20170628233356p:plain

 

「なるはや」で「ピックアップ」ができる採用プロセスが実現できれば、あなたの会社の新卒採用はきっと驚くほどシンプルになるはずです。

 

 

本ブログがはじめての人に読んでほしい入門記事

なるはやで「ピックアップ学生」をつくろう。

20人会って3人採ろう。